« ココロのひみつ日記(2008年3月1日) | トップページ | ぶーぶーぶー (今日のテーマ) »

インセンティブ額を明朗にせよとのお達し

携帯のサービス多様化へ,総務省が販売奨励金の会計処理ガイドライン案 -ITpro

総務省は2008年2月29日,販売奨励金の会計上の処理に関する考え方をまとめた「電気通信事業における販売奨励金の会計上の取扱いに関する運用ガイドライン(案)」を公表した。モバイル市場の活性化を図るために同省が昨年9月に打ち出した「モバイルビジネス活性化プラン」(関連記事)を受けたものである。販売奨励金は,携帯電話事業者などが販売代理店に払う販売支援費のこと。

改正後の会計規則では,「通信販売奨励金」に相当するものだけを電気通信事業の営業損益に計上するように変更する。通信販売奨励金は,通信サービスの契約の締結・維持を目的とする費用で,従来,端末の販売促進を目的とする端末販売奨励金とあわせて販売奨励金とされてきた。ガイドラインではこの通信販売奨励金の基準を示し,それ以外の販売奨励金は別の科目に計上して「金額が明確となるように公表するのが望ましい」とした。

総務省はインセンティブの額をはっきりさせろと言い続けてきている中で、今度は会計処理から締め上げ始めたわけですか。どのキャリアも苦しくなりますね。でも一番きついのは新規0円、既存2万円以上を続けているところですねw しかも今だけ何故か既存も0円w

« ココロのひみつ日記(2008年3月1日) | トップページ | ぶーぶーぶー (今日のテーマ) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/10862205

この記事へのトラックバック一覧です: インセンティブ額を明朗にせよとのお達し:

« ココロのひみつ日記(2008年3月1日) | トップページ | ぶーぶーぶー (今日のテーマ) »