« ココロのひみつ日記(2008年2月25日) | トップページ | 02月26日のココロ日記(BlogPet) »

イー・モバイルの音声プランについての考察

イー・モバイルが音声サービス開始――“基本料金0円/月、パケット定額1000円/月”からの「ケータイプラン」 -ITmedia +D Mobile
イー・モバイル、音声通話サービスを3月28日開始 -ケータイWatch

イー・モバイルが、3月28日から提供する音声サービスの概要を明らかにした。通話の基本料金が無料でパケット定額が1000円/月からの「ケータイプラン」を提供し、月額980円の「定額パック24」を追加すれば、イー・モバイル間の音声通話を24時間定額で利用できる。

イー・モバイルが3月28日から提供する音声サービスの概要を明らかにした。通話の基本料金が無料で、パケット定額が1000~4980円/月(新にねん契約の場合)の「ケータイプラン」は、1000円分(2万3825パケット分)の無料通信分が付属し、2万3825パケットを超過すると0.042円/パケットが課金され、上限が4980円となっている。通話料は携帯/PHS/固定あてが18.9円/30秒、SMSが2.1円/通。(ITmedia)

これは新規ユーザー向けのプラン。基本料は無料、通話料は従量制というのが基本。とりあえず見た目は安そう。もっともこれから先にいろいろ追加料金がかかるようですが。

同社ではサービスの中心をデータ通信としており、電話サービスだけを単体契約することはできない

毎月のデータ通信料金は、ベーシックプランの場合に月額2,000円~5,980円となる。イー・モバイルでは、2年契約を条件に毎月1,000円引き(合計24,000円引き)を行なう「新にねん」を提供する。2年契約をすると毎月のデータ通信料は、月額1,000円~4,980円となる。パケット通信料は1パケット0.042円となり、1,000円分(23,825パケット)の無料通信分が含まれる。「新にねん」に加入していて契約を解除した場合は利用月に応じて契約解除料がかかる。

また、電話サービスに対応した端末はパソコンのモデムとしても利用可能。他社の携帯電話サービスでは、携帯電話をパソコンのデータ通信モデムとして利用した場合、携帯電話向けのインターネットサービスとは別に通信料が設定されている。イー・モバイルではデータ通信料の中にパソコン用モデムとして利用した場合の利用料も含まれる。

パケット定額は必須。どうせ店頭レベルでは二年契約以外受けないでしょうから、ベーシックプランのことは考えない。

パケット定額使用料1000円に1000円分の使用料込み。「実質」無料ってやつですねw

電話サービスの開始に伴って、携帯電話向けのインターネットおよびメール接続サービス「EMnet」(エムネット)もスタートする。

同サービスは、iモードやEZweb、Yahoo!ケータイにあたるもので、新たに「 ○△@emnet.ne.jp 」というメールアドレスが付与される。迷惑メールフィルタ機能も用意されており、「H11T」では絵文字なども表示可能。

認証や課金機能が用意され、EMnetのトップページは「Googleモバイル」となるが、EMnet公式コンテンツへのリンク集にもアクセスできる。Javaのゲームアプリや着うた、位置情報サービスなどの有料コンテンツが利用可能。また、EMnetの利用には月額315円かかる。(ケータイWatch)

これは大体他所と同じ。iモードの月額210円に比べれば高いですが。問題は携帯コンテンツプロバイダがイーモバイルにどれだけ対応するか。ウィルコムなんかはコンテンツプロバイダが対応してない(PCからの利用とみなされてしまう)ことが多く、URLでアクセスしても「このコンテンツは携帯専用でPCからはご利用いただけません」などと表示される事が多々あるので、そういう状況にならなければとりあえずOKかな。

月額980円の「定額パック24」を追加すれば、イー・モバイル間の音声通話を24時間定額で利用でき、固定電話への通話は5.25円/30秒、他キャリアケータイあての通話は9.45円/30秒と非常に低価格になる。(ITmedia)

同一キャリア間定額を使うためには980円の追加が必要。ここに無料通話分がないのがやや不満ですが、他社宛通話料が9.45円/30秒なので、他社の最安プラン(ドコモ=SS、au=フルサポートSS、SBM=ホワイト)の21円/30秒と比べると激安。仮にこの定額パックを使わなかった場合の通話料も18.9円/30秒でかなり安い。

ただし同一キャリア間定額とは言っても音声のみで、Eメールは別課金。パケット定額の中に1000円分の無料通信が含まれているので、そこに抑えられるかどうかが難しいところ。この定額パックを使うとイー・モバイル同士のSMSが無料になりますが。でもSMSだと文字数制限が…。無いのと一緒ですね。

さて、イー・モバイルはまだまだエリアが狭いのでそこが不安ですが、以前から言われていたドコモとのローミングは以下の通り。

国内のローミング先はNTTドコモとなり、イー・モバイル網の届かないエリアなどではドコモ網に繋がる。今回発表された機種では、東芝製の「H11T」がローミング対応機となり、ローミングの利用料として月額105円が発生する。ローミングを利用する場合は事前に申し込みが必要で、ローミングを必要としない場合は月額105円が不要となる。(ケータイWatch)

通話料は一律30秒あたり22.05円、パケット通信料は1パケットあたり0.0735円、イー・モバイル端末間のショートメッセージサービス(SMS)は1回5.25円(配信通知なし)もしくは7.35円(配信通知あり)。対象エリアは北海道の札幌近郊をのぞく道内、青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、長野県、富山県、石川県、福井県、鳥取県、島根県、岡山県、山口県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県で、その他の地域では地下なども含めてローミングは利用できない。(ITmedia)

通話料がずいぶん高いようですが、他社と比べると1.05円の上乗せで済んでいるとも取れます。イー・モバイルがずいぶん頑張ったからこの値段かな。ドコモは結構な接続料を取ってそうw

ローミング対象外エリア=イー・モバイルのエリアと言うことかな?例えば東北地方だと宮城県が外れてますが、宮城だけは比較的広いエリアを持っています。ローミング対象の青森や秋田は県庁所在地のみ。ローミング対象エリアではデータ通信も使えるから、EメールはOKですが、PC接続とかはどうなんだろう?

通話は、イー・モバイル網が優先的に接続される。たとえば、通話中にイー・モバイル網からドコモ網に接続が切り替わるようなことはなく、一旦通話が切れなければローミング先に接続されない。ローミング中は画面上にローミングマークが表示される。(ケータイWatch)

料金を考えるとこっちの方が安心ではある。もっとも、電車や車で長距離移動しながらの通話の場合、エリア外に出た途端に切れてしまい、かけ直す必要があります。

画面にローミングマークがあるかどうかをよく確認してからでないと、そのかけ直したときの通話料は約3倍で、相手がイー・モバイルでも定額にはならない、という制限がある事を忘れていると、とんでもない目にあうかも。ここはトラブルの種になりそう。

機種代は以下の通り。

電話サービスとともに発表された音声通話対応端末は、スマートフォンタイプのHTC製「S11HT」(EMONSTER)と、東芝製の折りたたみ型通話端末「H11T」の2モデル。いずれも下り3.6MbpsのHSDPA方式に対応する。

イー・モバイルの直販サイトで購入する場合、「S11HT」が43,980円、「H11T」が33,980円となる。また、2年契約を条件に、端末代金の中から24,000円分を毎月の利用料に含める「ご加入アシストにねん」というサービスを提供する。「ご加入アシストにねん」を適用した場合、「S11HT」の初期支払額は19,980円、「H11T」が9,980円となる。残りの24,000円分は毎月の利用料から1,000円ずつ24回払いで支払う。 なお、SIMカード単体の契約は行なえない。(ケータイWatch)

普通はH11Tでしょう。ご加入アシストにねん無しの契約はこれも店頭レベルで不可にされるでしょうから、実質的に基本料は1000円かかるということ。auのフルサポートに近いかな。でも、

端末購入時に、2万4000円を分割払いする「ご加入アシストにねん」を利用した場合は、利用開始月から経過期間1カ月までが4万8000円、2カ月目からは毎月2000円ずつ減額され、経過期間2年で2000円、2年1カ月目以降は解除料が不要になる。(ITmedia)

とありますね。解除料が毎月減額されるのはドコモのベーシックコースに近い。au(補助額が大きい)とドコモ(解除料が月単位で減額)のインセンティブありプランのいいとこ取り。

留守番電話や発信者番号通知、転送電話などは無料のオプションとして提供される。110番などの緊急通報なども行なえる。毎月の支払い料金は ネット上から確認が可能で、請求書を発行する場合は月額157円かかる。故障時などの修理代金が抑えられる「故障安心サービス」(月額315円)なども用 意される。

音声サービスのスタートにより、携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)の受付も開始される。(ケータイWatch)

音声通話キャリアとしての体裁がこれで整うというところか。

ここで新規ユーザー、Eメール利用あり(EMnet)、回線契約は二年縛り(新にねん)、機種代も割賦で二年縛り(ご加入アシストにねん)の料金を計算してみると、

基本料金 0円
パケット定額 1000円(~4980円)
EMnet 315円


合計 1315円(~5295円)

これが最低限必要になる料金。ただしこれだとエリアは狭く、どこにかけても課金されます。もっとも、「出かけるのはエリア内だけ(首都圏だけとか)、基本待ち受けで、固定電話のように使った分だけ払うほうが分かりやすい」という人にはこれで十分。

ただし、同一キャリア定額や、より広いエリアを求めると、さらに

定額パック24 980円
ドコモローミング 105円


合計 1085円

が必要。ここまでで「他社並み」になるので、両者の合計2400円が実質的な基本使用料。ウィルコムよりは500円安い。あと請求書郵送は無し(オプション157円)で計算。以下他社も同じく郵送無しにしてみます。

ちなみにドコモのバリューSS+パケットパック10+iモード+バリュー24回で705を購入の場合は、
バリューSS 1050円(無料通話1050円)
iモード 210円315円
パケットパック10 1050円
eビリング(請求書郵送停止) -105円
機種代 1540円(+頭金3150円)


合計 3745円3850円

うん、十分対抗できてる。ちなみにバリュー一括だと2205円2310円だから、これと比べられるとイー・モバイルはちと苦しい。

(2月27日追記)
ドコモがiモード使用料を105円値上げしたので訂正しました。

auのフルサポートSS+ダブル定額ライト+Ezwebだと…
プランSS 1890円(無料通話1050円)
Ezweb 315円
ダブル定額ライト 980円


合計 3185円

うーむ…一番高い…分かってたけど…。

ソフトバンクモバイル
ホワイトプラン 980円
S!ベーシックパック 315円
パケットし放題 980円
機種代 1280円(ただし特別割引1280円=0円)
(機種ごとに大きく違いますが、売れてるらしい810P、812SHの場合)


合計 2275円

やはり安い。エリアとサポートが不安ですが…。

ところで既存ユーザーは?

データ通信カードやシャープ製の「EM・ONE α」向けに提供されているデータ通信プランを契約している場合、電話サービスのデータ通信料はさらに1,000円割引される。「ケータイプランデータセッ ト」と呼ばれるこのプランは、個人ユーザーの同一名義での契約に限って適用される。「データプラン」「ギガデータプラン」「ライトデータプラン」「スー パーライトデータプラン」の各データ通信プランの利用料は別途かかる。

上記は既存ユーザー向けの施策となる。既存のデータ通信ユーザーが音声サービスに契約変更することはできない。既存ユーザーが音声を利用する場合、「ケー タイプランデータセット」を利用するか、既存のデータプランの契約を解除して音声サービスを利用することになる。その場合、データプランの解除料がかかる。(ケータイWatch)

二年縛りの場合、パケット定額基本料が0円になるということ。音声基本料0円+パケット定額基本料0円+利用中の各種データプラン利用料。それにEMnetとローミング、ご加入アシストにねんを足すと、
EMnet 315円
ローミング 105円
ご加入アシストにねん 1050円


合計 1470円

これが既存ユーザーの追加支出。これに同一キャリア定額を入れると980円が追加になるので、2450円。うーん…。二台目、トランシーバーとして使えるなら、
定額パック24 980円
ご加入アシストにねん 1050円


合計 2030円

現状ではあまり旨みがない…。一番最初の「とりあえず持ってる人」が一番いいのかなこれは。

既存のデータプランを「スーパーライトデータプラン」にすればデータの基本料が1000円になるからそれで何とか。

(つづき→イー・モバイルのドコモローミングについて

« ココロのひみつ日記(2008年2月25日) | トップページ | 02月26日のココロ日記(BlogPet) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/10757854

この記事へのトラックバック一覧です: イー・モバイルの音声プランについての考察:

« ココロのひみつ日記(2008年2月25日) | トップページ | 02月26日のココロ日記(BlogPet) »