« ココロのひみつ日記(2008年2月26日) | トップページ | イー・モバイル音声サービス強気すぎないか »

イー・モバイルのドコモローミングについて

仮にイー・モバイルの電話をメインで使おうと思った場合、やはり気になるのはエリア。

「自社網+ローミングでカバー率95%、課題は地下鉄」――イー・モバイル社長 -ITpro

NTTドコモとの契約を「最長で2010年10月末まで」と明言しており、自社網の整備が進めばそれ以前に県域単位で国内ローミングサービスを終了させる考え。NTTドコモの3G網の借用が恒久的なものでなく、あくまで期間限定の暫定措置であることを強調している。(ITpro)

正直あと二年でドコモ並みのネットワークを構築できるとは思えないんですが…。FOMAのサービスインが2001年10月1日。人口カバー率100%を達成したのは2007年3月29日。約6年の歳月を費やしています。人口カバー率は一つの目安に過ぎないけど、SBM並みのエリアがせいぜいだろうな。

国内ローミングは自社網によるサービスとは別の料金体系となる。具体的には、月額基本料が105円かかる。音声通話の割引サービス「定額パック24」が適用されないほか、パケット通信代は自社網での通信時とは別枠となり、1パケット当たり0.0735円の従量制で課金される。月額1000~4980円の2段階パケット定額制も適用除外となる。こうした制約があるため、国内ローミングサービスは自動付与ではなく、ユーザーが事前に申し込む必要がある。

まず気になるのは3G網と言っても2GHz帯だけで、800MHz帯(FOMAプラスエリア)は利用できない。もっともプラスエリアは山間部がメインなので、さほど問題にならないでしょうけど、やっぱり考えてしまう。

それにイー・モバイルと言えばデータ定額、というイメージなのに、ドコモローミング時は適用除外というのは恐ろしい。画面を見ればローミング中かどうか分かりますが、往々にしてそういうのは目に入らないもの。「パケ死」が復活しかねない。EMnet含め、データ通信を使うなら、敢えてドコモローミングは申し込まないほうが安全。あと音声定額も適用されないので、うっかり…(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

NTTドコモとの国内ローミング契約は、北海道を除き県域単位で結ばれている。音声サービスの開始時点で、国内ローミングを提供するのは表2に掲げた25 道県である。国内ローミング提供エリアで、ユーザーの端末がイー・モバイルのサービス圏外になると、自動的にNTTドコモの電波を探して接続を試みる。 NTTドコモの3G網に接続すると、端末のディスプレイに「Rm」というアイコンが表示される。

イー・モバイル、NTTドコモ双方の電波が受信できる地域では、原則としてイー・モバイルに優先的に接続する。ただし、国内ローミング提供エリアでは、電 波状況によってはイー・モバイルのサービスエリア内でもNTTドコモの3G網に接続する可能性もあるので注意が必要だ。逆に、東名阪周辺をはじめとする 22都府県と北海道の札幌周辺では、NTTドコモの3G網に国内ローミング接続できない。イー・モバイルはこれらの都道府県で優先的に自社網の構築を進め るとみられるが、アンテナの設置がある程度行き渡るまでは、サービス圏外のままのエリアもありうる。(ITpro)

やっぱり不安要素ばかり見えてしまう。イー・モバイルは1.7GHz帯を使うので、そこの絡みがあるんでしょう。なにやらドコモのシティフォン/シティオ(Wikipedia)を思い出します。

「2007年末までに人口カバー率は50%を達成した」とガン氏。ドコモとのローミングを利用すれば、サービス開始時に人口カバー率95%を達成でき、 2008年6月末までにはイー・モバイル単体でも人口カバー率70~75%を達成する予定だという。「東名阪に限れば、すでに人口カバー率は90%を超え ており、大都市圏のユーザーはもうそれほど不自由することはないと思う」(ガン氏)(ITmedia +D mobile

やっぱりあくまでも大都市用で、現状では到底メインにはなりえないということですね…。待たされた割には期待はずれと言うのが正直な感想。

« ココロのひみつ日記(2008年2月26日) | トップページ | イー・モバイル音声サービス強気すぎないか »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/10777032

この記事へのトラックバック一覧です: イー・モバイルのドコモローミングについて:

« ココロのひみつ日記(2008年2月26日) | トップページ | イー・モバイル音声サービス強気すぎないか »