« KDDIがプリペイド携帯ばら撒きで契約数水増し | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年2月28日) »

流石ドコモ、値下げと値上げは同時に発表

“ファミ割”家族への通話が24時間無料に――ドコモが4月1日から -ITmedia +D mobile

ドコモのau追随来ました。

NTTドコモは4月1日から、「ファミ割MAX50」グループ内の家族への国内通話を24時間無料にすると発表した。ファミリー割引ではグループ内の家族間メール(iモードメールの送受信)を無料で利用でき、4月1日以降は登録メンバーへの通話も無料で利用可能になる。なおドコモでは、家族へのテレビ電話の通話料についても、割引を30%から60%に拡大する。

KDDIの発表直後に、ドコモが同様の施策を発表した格好となったが、これについてドコモは「かねてから割引の改訂は検討しており、他社の改訂を受けて実施を早めた」(広報)としている。

嘘つけ。まあ「auが個人向け音声定額を始めちゃった以上、ここで負けを認めるわけにはいかない、という苦渋の決断をしました」とは言えんわな。企業にとって金は命。「カイジ」兵藤会長の「命はもっと…粗末に扱うべきなのだ…!!命と言うヤツは、丁寧に扱いすぎると淀み、腐る…」という台詞が浮かぶ。

auが3月1日からだから、さんざん悩んだ末に慌てて出してきたが故の1ヶ月のロス。本当に事前に考えてたなら3月1日から出来たのでは?

 また、10年以上ドコモに加入しているユーザーについては、「ファミリー割引」と「(新)いちねん割引」に契約していれば、ファミ割MAX50の契約者と同様、同一グループ内メンバーへの通話を24時間無料とする。さらに「ファミリー割引」と「ハーティ割引」を契約しているユーザーにも同様の料金体系を適用する。

ここはドコモの偉いところですよね。一応長期既存ユーザーの事を考えている。auの場合は例え何年契約していようとも、誰でも割必須なので。

まあKDDIは

「うちはドコモに比べると契約年数の長いユーザーが少ないからね。だから、(誰でも割が)できたんですよ。ドコモに比べれば痛みは少ない」

ドコモとKDDIの“価格競争”について問うと、KDDIコンシューマ事業統括部長の高橋誠氏は、そう言いながら笑みを返した。(神尾寿の時事日想:価格競争を仕掛け「最大の防壁」を自ら壊したドコモ -Business Media誠)

という考えだからw

そもそもファミ割MAX50は最初に発表された段階では「ファミ割MAX」と言って、「ファミリー割引グループ内で最も契約年数が長い人(おトクリーダー)の割引率を適用する」という長期利用者に配慮したものだったのが、auが誰でも割を始めたので急遽「ファミ割MAX50」になったという経緯がある。

今回もドコモの長期利用者配慮の姿勢は守られたというところ。そもそもなんだかんだと言ってもドコモのシェアは未だに50%以上ありますから、既存を逃がさなければ負けることは無いわけです。そこをよく分かっている。上位キャリアはこれ以上伸ばすことより、既存ユーザーをどう育てていくかを考えるべき。

あと家族間Eメールは元から無料なので、ドコモとしてはここら辺を押していくのかな。

と、利用者を喜ばせておいて、株主への配慮も忘れないw

NTTドコモがiモード利用料を50%値上げ,auやソフトバンクと同額に -ITpro

NTTドコモは2008年2月27日,iモードの利用に必須である「iモード付加機能使用料」を月額210円から月額315円に値上げすると発表した。新料金の適用は6月1日からとなる。auやソフトバンクモバイルでは,同等サービスの使用料は以前から月額315円。今回の値上げで3事業者の料金が横並びとなった。2008年1月末時点のiモード契約数は,NTTドコモの累計契約の約90%に当たる4782万9800。

単純に考えると4782万9800*105=50億2212万9000円。東芝がHD DVD撤退の正式発表と同時に三重県四日市市と岩手県北上市にNANDフラッシュメモリの製造工場を新たに建設すると発表したのとダブって見えます。

NTTドコモは値上げの理由について,「iモード・プラットフォームの負荷が上がってきて,使用料と釣り合わなくなっていた」とする。具体的には,iモー ド公式メニュー内でパケット通信料なしで利用できる範囲を拡大したり,リッチ・コンテンツの普及でトラフィックが増大していることが負荷増大を招いたとい う。

いやいやいやいや(笑)
株主に対して「音声定額でARPUは減るけど、その分iモード使用料を値上げして多少なりともその埋め合わせをしますよ」という言い訳、というのが真意でしょう。

しかしこれで全キャリアが何らかの形で音声定額を行うことになった訳です。あとはデータ通信でARPUを上げるしかないわけですが、今回のiモード値上げがその先触れ…?

« KDDIがプリペイド携帯ばら撒きで契約数水増し | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年2月28日) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/10799830

この記事へのトラックバック一覧です: 流石ドコモ、値下げと値上げは同時に発表:

« KDDIがプリペイド携帯ばら撒きで契約数水増し | トップページ | ココロのひみつ日記(2008年2月28日) »