« 逆境無頼カイジ #21「心血」 | トップページ | 流石ドコモ、値下げと値上げは同時に発表 »

KDDIがプリペイド携帯ばら撒きで契約数水増し

KDDIがプリペイド携帯無料配布 契約“水増し”?に総務省が対応検討 -ITmedia +D mobile

KDDIがプリペイド携帯端末を無料配布している。契約者拡大が狙いとみられるが、総務省は「契約数を水増しするような販売方法は、市場競争の健全性を阻害する恐れがある」として対応を検討している。

KDDI関係者によると、契約獲得に向けた社員紹介キャンペーンで、500円分の通話ができるプリペイドカード付き携帯電話を端末代金も設定手数料(税込み4200円)も無料とする販売方法を導入した。先週には約1万5000人の社員全員が、知人や親戚(しんせき)へ斡旋(あっせん)するよう通知を受けたという。都内のあるauショップでも、プリペイド携帯に500円分のカードを付け、端末・手数料0円で提供していた

いやぁ、バレちゃいましたねwww 以前から2ちゃんねるでは「auがプリペイド端末を手数料込み0円でばら撒いていて、添付されるカードについては1月中に登録することを条件にしていた」(プリペイドは度数を登録しないと開通扱いにならない)という話は散々出てましたから。

これに対して、KDDI広報部では「社員紹介キャンペーンはauの携帯を試してもらうことが目的。auショップの販売政策は代理店が工夫して行っており、コメントできる立場にない」としている。

トカゲの尻尾切りですか。auショップは実際には違えども、仮にもキャリアの看板で商売してるわけだから、こういうときだけ「店が勝手にやった」では済まないと思いますが。某老舗料亭を思い出しますね。

それに「社員紹介キャンペーンはauの携帯を試してもらうことが目的」ってのも無理がある。auは「高音質・980円からのデータ定額・ワンセグや音楽に強い」WINが売りでしょ?なんでそれなのにわざわざ低機能1x機種ばかりのプリペイド端末を配るの?

電気通信事業者協会が毎月集計している携帯電話の事業者別契約数によると、プリペイド携帯の契約数は各社ともおおむね減少を続けてきたが、昨年12月と今年1月はKDDIだけが急増に転じている。

プリペイド携帯の使い道といえば、恐らくは「使いすぎないよう子供に持たせる」「請求書が来ないので浮気用にこっそりと二台目として持つ」あたりだと思いますが、年末年始にそんな需要が急増したとは思えないし、仮にそうなら現状プリペイドを大々的に売っているのはSBMも同様に伸びないとおかしい。状況証拠が揃いすぎている。

« 逆境無頼カイジ #21「心血」 | トップページ | 流石ドコモ、値下げと値上げは同時に発表 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/10799110

この記事へのトラックバック一覧です: KDDIがプリペイド携帯ばら撒きで契約数水増し:

« 逆境無頼カイジ #21「心血」 | トップページ | 流石ドコモ、値下げと値上げは同時に発表 »