« いちごの日 (今日のテーマ) | トップページ | 趣味悠々 中高年のためのいまさら聞けないパソコンABC 第3回 「電源を入れてみよう」 »

スマートフォンといえばデータ通信なのに

Windowsケータイが大ヒットしますように──神田明神に絵馬を奉納 -ITmedia +Dモバイル

マイクロソフト、ウィルコム、WindowsケータイFAN、アキバガイド.ドットコムは1月15日、Windows MobileおよびWindowsケータイが2008年も引き続き好調にリリースされることを祈念し、大きな絵馬を神田明神(神田神社)に奉納した。

 この絵馬は、今回の奉納のために特別にしつらえられた、縦90センチ、横150センチの大型絵馬。1月1日から1月4日まで、神田明神の境内に掲示され、企業関係者と一般初詣客が自由に願い事を書き込めるようになっていた。

無理だろ。少なくともウィルコムが入ってるようじゃ無理。
何しろ「遅い、高い、狭い」の三重苦キャリアだから。
実は去年の二月まではウィルコムでnico.とDDとW-ZERO3[es]を使ってました。

それまでは信者でしたが、去年SBMのホワイトプランが始まった時、ウィルコムは当然料金面で施策を打ってくると思ってたにも関わらず、全く動きが無かったので早々に見切りをつけました。
まさかそれから1年が経とうとしている今でも基本使用料値下げのような対抗策を講じないとまでは思いませんでしたが…。

しかもHSDPAデータ通信がイーモバイルやドコモ(とau)でも定額になったのにそれに対しても反応が無い。

結局目立ったのは二ヶ月純減を受けて慌てて始めた新規契約事務手数料無料、Advanced W-ZERO3[es]の実質無料でのバラ撒きくらい。

通信速度もサービス施策も「遅い」。
mova時代と変わらないような低機能端末(WX320Tの売り文句が「アンテナ内蔵、赤外線搭載」なのには引いた)なのに、一丁前に割賦にしたり、SBMなら(時間制限等はあるが)980円で通話無料なのにその約3倍の\2,900円のままで「高い」。
そして通話可能エリアが「狭い」。

MSもWindows Mobile端末を売るならSBMかドコモと組んだほうがいいのに。

« いちごの日 (今日のテーマ) | トップページ | 趣味悠々 中高年のためのいまさら聞けないパソコンABC 第3回 「電源を入れてみよう」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/9902627

この記事へのトラックバック一覧です: スマートフォンといえばデータ通信なのに:

« いちごの日 (今日のテーマ) | トップページ | 趣味悠々 中高年のためのいまさら聞けないパソコンABC 第3回 「電源を入れてみよう」 »