最近のトラックバック

« 中国製食品なら仕方ないねこれは | トップページ | 逆境無頼カイジ #17「会話」 »

ドコモ2in1が機能拡充と値下げ

Aナンバーは個人、Bナンバーは会社名義の利用が可能に――ドコモ、2in1サービスを拡充 -ITmedia

これまで同サービスでは、基本契約のAナンバーと2in1契約のBナンバーを別名義で契約することができなかったが、3月3日以降は異なる名義での契約に 対応。請求書についてもBナンバー専用のものが作成される。これにより、Bナンバーをビジネス用途に割り当て、その分を会社に請求するような使い方が可能 になる。

料金については、これまで提供していた「タイプ2in1」の月額料金を945円から840円に値下げするほか、新たに7種の専用のプランを新設。無料通信 分がなく基本料金が安い代わりに通話料が高い「ファミリーワイド 2in1」から、月額料金が高い代わりに無料通信分が多く通話料が安い「タイプLL 2in1」など、ニーズに合わせてプランを選べるようになった。

まず大事なのは従来の2in1の料金が840円に値下げされたこと。ドコモプレミアクラブ会員向けアンケートで「2in1が840円だったら使うか?」というのが来たことがあり、「500円以下じゃないと使わない」とか答えた記憶がありますが、どうやら840円なら使うという人が多かったんでしょうかね?

私はマルチナンバー(月525円で発着信可能なもう一つの番号を持てる)を使っているので、2in1には興味がないんですが、マルチナンバーはあまり知られてない、というのもあるかも。

請求書を分けられる、というのは進歩ですけど、個人情報保護が叫ばれる昨今、社員個人の端末を仕事で使うことを容認すること自体がまずいんじゃ。

結局は以下の事がドコモにとって一番大事なのかな。だとしたらずいぶんせこい話。

2in1はこれまで、別名義での契約が行えないなどの理由で、毎月の純増数に加算されなかったが、ドコモは機能の拡充を機に、あらためて総務省に純増に加えるよう働きかけるとしている。

« 中国製食品なら仕方ないねこれは | トップページ | 逆境無頼カイジ #17「会話」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/520434/10159364

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ2in1が機能拡充と値下げ:

« 中国製食品なら仕方ないねこれは | トップページ | 逆境無頼カイジ #17「会話」 »

twitter

Web拍手

ブログパーツ等

  • インターネット上のNTPサーバに定期的に同期しています。(PCの内蔵時計ではありません)
  • ↑ミクをつつくと起きて時刻を読み上げます。 音符をクリックすると歌ってくれます。

ココロ本バナー

応援バナー

  • ドキドキして眠れない・・・心がキュンとなる寝袋「そいねぶくろ」小日向ねね
  • 「ナルキッソス」バナー
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ